イントロダクション

デザイナー相邑美佐江が、豊かさと創造する喜びを伝える為に創りました。 自分らしさをデザインして、人が持っている無限の可能性を引き出し、実現することを 目的としています。 心身の癒しから、ライフデザイン、メンタルヘルス、自己実現の方法まで、サポートします。

お問合せ

お電話でのお問合せはコチラ(03-3707-5027) ファックスでのお問合せはコチラ(03-3707-5291) メールでのお問合せはコチラ(now@nowme.co.jp)

住所とアクセス

ナウミスペース株式会社

ナウミスペース株式会社 > 代表 相邑美佐江

インタビュー

相邑美佐江

平成3年ナウミスペース株式会社設立。 デザインと癒しの長年に渡る研究と経験により、衣食住、環境に癒しと豊かさをもたらす、デザインの手法を開発。
CI・商品・空間・アートのデザイナーとして活動中。
また、新聞・雑誌・ラジオ・TV、および講演会、研修会、スクールの開催を通して、豊かさをクリエイトする方法を伝えている。

まず、相邑先生のプロフィールを教えて頂けますか?
1991年3月にCI・商品・アート・空間のデザイン事務所として、ナウミスペース株式会社を創立し、デザイン部門とは別部門として、ヒーリングのサロンと、スピリチュアルカウンセリング及びスピリチュアルヒーリングを学ぶ・癒しのワークショップ、推命術のスクールを開設しました。

設立より、
「必要なことは、創造すること。大事なことは、独創すること。」
をコンセプトは現在も変わっていません。
相邑先生は、どのような幼少期を過ごされたのですか?
子供のころは天真爛漫でおしゃべりでした(笑)。勉強は美術と数学が好きで、現在のデザイン制作の仕事や探究心が強い性格が表れていたように思います。でも、天真爛漫と言われながら、友人からは「女の子の中の女の子」という印象を持たれていたようです。子供のころから感性も鋭かったです。また、リーダーシップを取ることが多く、クラブ活動や同好会活動の会長を任されたりしていた部分も、現在の講演会活動やスクールに繋がっているのかもしれませんね。
ナウミスペース株式会社を立ち上げられたきっかけを教えて頂けますか?
人間を理解し、その上で人間が住む住環境や建築物を目指したいと思ったことがきっかけです。
大学卒業後、数年間デザイン会社に勤めました。数年勤めましたが、売上メインの建築の仕事の為、私が本当に求める建築と違ってきました。

また、並行して、風水・家相・四柱推命術・気学を通した建築の勉強を始めたことも有り、本物の建築を目指し独立したことが、会社設立のきっかけになっています。
先生のお仕事は多岐に渡っていますが、どのような経緯が有ったのですか?
風水・家相・四柱推命術・気学を通した建築を目指し独立しました。その頃から、毎年アメリカに渡って勉強するようにもなりました。アメリカに行った際、色々な経験を行ったのですが・・・
例えば、インディアンの儀式に参加したり、セドナというパワースポットに行ったり・・・

そんな中、アメリカ人のスピリチュアルヒーラーと出逢いました。その時、実際にスピリチュアルと出逢い体験したのですが、私自身驚くほどその力の恩恵を受け、癒されました。癒しということが自分の求めていた本当の建築にも結び付く部分が大きく、スピリチュアルを通して、何か出来ないかと思うようになりました。

現在、建築も含め、様々な事業を手掛けていますが、デザイン制作も講演会も雑誌への連載も根底にはスピリチュアルを広く理解して頂き、みなさまに受け入れて頂くというコンセプトが有ります。
スピリチュアルによって、すごい体験をされたのですね?
はい。そうなんです。
実は、会社勤めをしていた頃ですが、平均睡眠時間が約2時間という忙しさの中で、私自身が倒れてしまったことが有りました。その時、体調自体は悪くなく、特別に病気にかかったということでも有りませんでした。そんな中、当時の日本では認知がなかったスピリチュアルカウンセラーがアメリカにいることを知り、渡米しました。 その時に出会ったヒーラーにスピリチュアルヒーリングとカウンセリングを受けたのですが、わずか1時間の施術によって驚くほど回復出来ました。
それでは最後に先生の今後の展望をお聞かせください。
私の展望は設立時より変わっていません。
多くの人に、誰にでも分かるようにスピリチュアルというものを広げたいということです。
その為に、今後も各種事業を頑張っていきます。